宝石の謎解明にせまる!!(第一回目)

こんにちは!

風邪を引きずっているジュエリーデザイナーのMASAKIです。

 

最近だいぶ冬らしい寒さになってきましたね。

いつも元気がトレードマークの僕ですが、今年は風邪の治りが遅く長引いています。

今年は暖かくなったり寒くなったりの気温差が激しいので、皆さんも体調管理に気をつけて下さいね。

 

さて、今日は前々から書きたかった『宝石の謎=分類』について書こうと思います。

 

宝石といっても『天然』だとか『人工』だとか『模造品』だとか色々あって何が何だかかわからないことが多いー!!

 

そんなことをよく耳にします。

僕もジュエリー業界に入るまでさっぱり区別がつきませんでした 笑

 

でも意外と知ると楽しい♪

 

そこで!?

 

今回なるべくわかりやすくまとめてみようと思ったわけです♪

(この題材は長くなるので分割してお届けします)

 

そして栄えある第一回目は...

 

誰もが知ってる天然石について!!

 

天然石のことなんて知ってるよー

と思う方もいるかもしれませんが実は奥が深いですよ。

 

そんなわけで、まずは天然石の定義から。

 

◆天然石=文字通り人の手を介さず、自然界で出来た鉱物・岩石・有機物のこと

 

やっぱり知ってる事じゃーん。

と思った方は下の特長を確認してね♪(思っていない人も読んでね 笑)

 

【特徴】

1.全く同じなものがないく希少性が高い

2.自然に出来た独特の表情(不純物や傷等)があることで、人工では作れない宝石自体のデザインがある

3.天然石でも人の手を加えて綺麗に魅せる処理をする場合がある

 

1と2はよくわかると思うのですが、謎は3の綺麗に魅せる処理とは何だ??

 

はい!ここで謎の処理の説明です♪

 

【宝石を綺麗に魅せる処理】

熱処理・・・宝石の原石に一定量の熱を加え色味・色の濃さ・透明度を変化させる処理のこと。業界では『石を焼く』なんて言い方もします!

放射線照射・・・宝石に放射線を当てて色味を変化させる処理のこと。

含侵処理・・・ひびや傷を埋めるため無色のオイルや樹脂・鉛ガラスなどを宝石に染み込ませる処理のこと。

着色・・・天然の着色成分や顔料を添加させる処理のこと。多孔石に多い。

 

大きく分けるとこんな感じです。

宝石もお化粧をしているってことですね。

 

【ここで豆知識!!】

『傷のないエメラルドは存在しない!!』っと言われるほど天然のエメラルドには傷があるので、エメラルドのみ含侵処理が許されています。

※エメラルド以外の宝石に含侵処理をすると天然石としての価値が下がります。

 

知っているようで意外と知らなかったー!!

 

そんなことが多かったのではないでしょうか?

 

エメラルド以外にも、サファイヤやルビーなんかは熱処理を加えることが多かったり、レモンクォーツは放射線照射の処理をしているものが多かったりします。

 

意外と無処理の宝石って少ないんです。

(あ!?ちなみに無処理ものは処理していないことを記載してあることが多いですよー。)

 

例)サファイヤ(非加熱) など。

 

はい!色々書きましたが、天然石についてまとめてみました!

所々難しいこともあったと思いますが、この記事がジュエリーを購入する際の参考になったら嬉しいです。

 

長い文章を読んで頂きありがとうございます。

第二回目はHeaNectでも取り扱っている人工石について書こうと思います。

 

良ければ次回もお付き合い下さいね♪

 

 

フローライトインクォーツ

フローライトインクォーツ

 

天然石ではクォーツ(水晶)系の石が好き♪

ジュエリーデザイナーのMASAKIでした。